ジェネリックのカマグラゴールドは安全なの?

ジェネリックのカマグラゴールドは果たして安全?

ジェネリックは後発薬として開発費用が抑えられ、安価で購入することができます。
最近では病院で処方される薬もジェネリック比率が高くなってきましたが、病院ではほぼ取り扱われないED治療薬のジェネリック。
そんな現状のなかでカマグラゴールドは本当に安全なのか

カマグラゴールドの使用は個人輸入の性質から何が起こっても自己責任です。

ジェネリックの本質を理解して安全にED治療をするのが望ましいでしょう。

カマグラゴールド=バイアグラ?

ED治療薬でもっとも有名なバイアグラは世界からのお墨付きがあります。つまりバイアグラのジェネリックであるカマグラゴールドも同等の信頼性があり、効果や安全性についても同じ
というワケです。

添加剤が異なる場合もあり厳密にまったく同じとはいえませんが、それは新薬の改善点を補うための手段だったり飲みやすさや効きやすさの配慮であったりすることも。

つまりカマグラゴールドはバイアグラに劣らず、同等もしくはそれ以上の品質であることがいえます。

厳しい検査をパスしている

ジェネリックの開発においても新薬と同じように厳しい検査をパスする必要があります。カマグラゴールドは製造国のインド国内のみならず世界各国へ出荷しているので、効果や安全性などの品質が求められるのはなおさら。

効果や副作用はほぼ同じ

ED治療薬のジェネリックで「効果や副作用はほぼ同じ」という表現が使われる理由にはワケがあります。それは新薬とは異なる添加剤が使われている可能性があるから。

カマグラゴールドはバイアグラのジェネリックですが、なぜ安全といえるのか具体的に解説します。

新薬に対してジェネリックを製造するとき、「変えてもいい部分」と「変えてはいけない部分」の2つのルールがあります。

変えてはいけない部分
有効成分の量や種類/用法と用量/効果や効能
変えてもいい部分
形状/色/味/添加物

つまり、変えてはいけない部分で新薬と同等の効果や安全性が保障され、変えてもいい部分で新薬の改善点が補われるということになります

ここでのポイントは新薬の改善点が補われるというところで、そのなかでもカマグラゴールドは派生薬が多いことで知られます。
溶けやすく即効性がある「発泡錠タイプ」、服用しやすさに特化した「ゼリータイプ」や「チュアブル」など、ほかには早漏対策の成分が追加されているものも。これは飲み手にとって有利になるもので、新薬のバイアグラよりも効果的だといえます。

日本でEDジェネリックが普及しない理由

EDジェネリックについて

日本の場合一般的な医療品に関してはジェネリック比率が高くなってきていますが、コンプレックス系の悩みであるEDは優先順位が低め。成人男性の4人に1人がEDという研究データがあるにも関わらずこの現状です。

この理由としていくつか考えられます。

・日本人の特性で、コンプレックス系の悩みは秘匿するべきという固定観念(文化)がある
・ED治療に関する研究が諸外国に比べて劣っていてレベルが低い
・海外と比べて性に対する考え方や意識がまったく違う

要約すると、EDに関する意識レベルが低いということが分かります。EDは性機能が損なわれるので、男性としての尊厳がなくなるのはもちろん自信の低下によってQOLの質も下げる原因に。

これからはジェネリックが主流になる

ED治療のゴールは完治、完治までに必要なのは継続。つまりED治療の本質は継続にあります。
通院処方の新薬で治療するのか?通販で手軽なジェネリックで治療するのか?ジェネリックの本質を解説します。

先発薬は継続コストがかかる

新薬は知名度が高く、広く使われているということから信頼性が高いですが、単発的な使用に限らないED治療に対しては不向きです。

原因がさまざまで複雑なED治療は長期化するのがほとんどなので、継続していくという観点からコストをおさえるのがスマート

ジェネリックは継続コストを抑えられる

ED治療は継続的な治療が重要なので、継続の障害になる要素はなるべく除くべきです。その治療を継続する上で一番ネックになるのがコスト

カマグラゴールドは効果や安全性は同じくしてバイアグラの約1/3の値段で購入することができます。つまり、バイアグラ1ヶ月分のコストで3カ月分継続が可能。また、カマグラゴールドの場合は通販での購入なので、コストのみならず通院の手間もカットすることができます。

カマグラゴールドで低負担のED治療を

大切なのは継続すること

表面的な理解や解釈ではなく、きちんと本質的にジェネリックを、カマグラゴールドを理解できればより意味のあるED治療ができるでしょう。ぜひ参考にしてもらえれば幸いです。