カマグラゴールドの併用禁忌薬と服用NGの条件

カマグラゴールドと飲んではいけない薬
カマグラゴールドは処方せんなしで手に入る海外医薬品です。
基本的にお医者さんからの説明がないので、飲み合わせしてはいけないお薬や服用NGの条件などは自分で調べて知っておかなければいけません。

ここでは、カマグラゴールドを飲む前に知っておきたい併用禁忌薬や服用NGの人の特徴などを解説しています。

カマグラゴールドとは別にお薬を飲んでいる方は要チェックです。

カマグラゴールドの「併用禁忌薬」一覧

カマグラゴールドの併用禁忌薬
カマグラゴールドとの相性が悪い併用禁忌薬は以下の通りです。

・硝酸剤およびNO(一酸化窒素)供与剤
→ニトログリセリン、亜硝酸アミル、硝酸イソソルビド
・アミオダロン塩酸塩
→アンカロン錠

併用禁忌薬は、カマグラゴールドと似たような効果があるお薬となっています。
いずれも血圧をすばやく下げる作用があるため、カマグラゴールドと併用すると血圧を急激に下げてしまい危険です。

特に、ニトログリセリンはスプレーや貼り薬など、錠剤だけでなくさまざまなタイプの処方がされているので、知らないうちに使ってしまう危険性が。

血圧を下げる効果があるお薬を服用している方は、併用禁忌薬が含まれていないか特に注意しましょう。

併用注意薬・成分もチェック

併用「禁忌」よりも程度は低めですが、十分に注意が必要な成分もあります。

・グレープフルーツ
・CYP4阻害薬・誘導薬(リトナビル、サキナビル、ダルナビル)
・降圧剤

これらが含まれた飲みものやお薬は、薬の作用とぶつかって強い副作用を引き起こしたり、効果を半減させてしまう可能性があります。
併用は避けるべきでしょう。

もし併用することがあれば、ごく少量にとどめるか事前に医師と相談してください。

カマグラゴールドを服用できない人の条件

カマグラゴールドを飲んではいけない人の条件
カマグラゴールドを服用できない人はどのような人でしょうか。当てはまるかどうかチェックしてみてください。


硝酸剤またはNO供与剤、アミオダロン塩酸塩を服用中の方
・心血管系障害を持つなど、性行為が不適当と診断された方
・重度の肝機能障害がある方
・低血圧と診断された方、また、治療管理を行なっていない高血圧の方
・脳梗塞・脳出血や心筋梗塞などの疾患を最近半年以内に発症し、治療中の方

これらを見てみると、生活習慣病にかかった方や、現在治療中の方などがほぼ該当することが分かります。

服用NGの人でEDに悩んでいる方は、体の機能不全が原因で発症する器質性EDの可能性が高いです。
ED治療よりも先に、生活習慣の改善や自身の健康管理を優先した方がいいかもしれません。

高血圧や脂質異常症などは糖尿病や心筋梗塞などの生活習慣病だけでなく、EDも併発してしまうのが特徴です。

裏を返せば、日頃の健康状態を見直して生活習慣を改善すれば、薬に頼ることなくEDを克服できるといえます。

カマグラゴールドが向いている人の条件

カマグラゴールドが向いている人の条件
カマグラゴールドを問題なく飲める、または服用に向いている人の条件は何でしょうか?
それは、健康に問題はないけれど勃たない男性です。

体は健康だけど勃起しない、という症状は心因性EDと言われ、年配の方だけでなく若い世代にも患者さんが増えています。

心因性EDはストレスや心の不安によって引き起こされるものです。
パートナーとの性生活がうまくいかない、仕事やプライベートで大きなプレッシャーやストレスなど、心当たりのある方は多いはず。

勃起しなくなると自分を責めるようになったり、性行為への自信がなくなって悪循環に…。
体の健康に気をつけても改善できないのが心因性EDの怖いところです。

カマグラゴールドは、そんな心因性EDにも有効に働くお薬。
興奮しても勃起しなくなったペニスを蘇らせてくれるので、男としての自信を取り戻せるでしょう。

「EDかもしれないけどどうしたらいいのか分からない」「バリバリだった頃を取り戻したい」と考えている男性は、悩むよりも一度試してみてはいかがでしょうか?